兵庫【南光自然観察村】連棟コテージ 中を詳しく紹介します!

こんにちは、雨子です。子供が学校行きたがらないときってありますね、みなさんどうやって対処してますか?(遠い目)

さて、先日誕生日の次男から

「トイレの付いているバンガローに泊まりたい!」

とのオーダーをいただきましたので、2年ぶりに南光自然観察村へ行ってきました。

記念すべき最初の記事

南光自然観察村で薪ストーブを使った話

南光自然観察村 コテージで薪ストーブ①
南光自然観察村のコテージ、薪ストーブ付きであったか

それでは今回宿泊した南光自然観察村の連棟コテージを詳しく紹介します!

スポンサーリンク
広告




南光自然観察村 コテージ

南光自然観察村にはいろんな種類のコテージがあります。

薪ストーブ付きからお風呂なしのものまで。

詳しくは後述しますが、今回お世話になったのは連棟コテージ。

実は別のコテージが良かったんですが、あいにく予約が埋まっていたので第二候補の連棟コテージにしました。

南光自然観察村 連棟コテージ

南光自然観察村連棟コテージ

南光自然観察村連棟コテージ

連棟コテージとはお隣さんとの間にデッキ・玄関をはさんで4軒つながっているコテージのことです。

連棟コテージ

単棟コテージよりはご近所さんとの距離が近いので自由になる空間は小さいですが、グループで泊まるときにはお隣近所と行き来しやすいのがいいですね。

今回は宿泊されている方が少なかったので、端っこのコテージになりました。

他の方もそれぞれ端っこだったので気になることはありませんでした。

連棟コテージを詳しく紹介していきます

◆階段

南光自然観察村のコテージの階段

連棟コテージ 階段

まずはそこから!?

入り口に入るため、デッキに上がるための階段です。

少々急です。荷物が多い、重い、小さなお子さんは気を付けて!

◆デッキ

デッキには机といす

南光自然観察村連棟コテージ デッキ

デッキにはテーブルとイスがありました。

屋根はありませんが、オーニングを伸ばすことができます。

◆ダイニングキッチン

ダイニングキッチン

南光自然観察村連棟コテージ ダイニングキッチン

中に入るとすぐにダイニングキッチンです。

お湯の出る蛇口

IHコンロ

冷蔵庫

冷蔵庫は一人暮らし用

南光自然観察村連棟コテージ 冷蔵庫

テーブルとイス

下駄箱

南光自然観察村連棟コテージ 下駄箱

があります。

下駄箱の上は物置としても使えるので便利です。

備品はお玉、フライ返し、包丁、まな板、フライパン、お鍋、やかん、湯飲み×4、グラス×4、お茶碗×4、お椀×4、深皿×4、大皿×1、灰皿、洗剤、スポンジがあります。

お箸類はありませんのでご持参ください
お箸さえ持ってくれば手ぶらで行けそうなぐらいの備品ですね。
窓も広くて開放的です。
残念なポイントは窓からお向かいさんがばっちり見えるので、混んでいる時は気になるかもしれません…各窓にはロールスクリーンが付いているので気になるときは閉めておくこともできます。
◆トイレ
温かみのあるトイレ

南光自然観察村連棟コテージ トイレ

ダイニングキッチンの奥はトイレです。

ウォシュレット付きなので安心!

◆洗面・シャワールーム

小ぶりな洗面台

南光自然観察村連棟コテージ 洗面台

湯舟はない

南光自然観察村連棟コテージ シャワールーム

トイレの向かいには洗面台・シャワールームがあります。

洗面台もお湯が出ます。お湯が出るって幸せ…

湯舟はなくてシャワーのみですが、管理棟には無料で使えるお風呂があるので湯舟がなくても大丈夫です。我が家はシャワーがなくても大丈夫ですヽ(´∀`)9 ビシ!!

◆寝室

寝室は和室

南光自然観察村連棟コテージ 寝室

一番奥は寝室です。和室6畳ですね。

敷布団を4枚横に並べて敷くには少し狭いです。少しずつ重ねて敷けば大丈夫ですが…

頭同士を向かい合わせて敷いても少し足りない…少々工夫が必要です。

寝具は4組、枕4個あります。

寝具4組

南光自然観察村連棟コテージ 寝具

枕とシーツ

南光自然観察村連棟コテージ 枕・シーツ

エアコンは寝室に1台のみでしたが、ダイニングキッチンまで温まりました。寒いと感じることはなかったです。

寝室の端には板の間が

鏡付き

南光自然観察村連棟コテージ 板の間

荷物を置いておくことができるので、部屋を広々使えていいですね。

これは便利、ハンガーかけ

南光自然観察村連棟コテージ ハンガーかけ

板の間の上部にはハンガー掛けもあります。

ハンガーも常備されているのでかゆいところに手が届くコテージですね!!

連棟コテージ 料金等

入場料 小学生以上 1人500円 小学生未満 200円

連棟コテージ 定員4人 1泊 8000円

チェックイン 16時

チェックアウト 10時

休憩 3時間未満 2500円 3時間以上4000円

まとめ

1泊8000円でゆったりと過ごせる連棟コテージ。(入場入れると我が家は10000円・税込み)

和室でぐっすり眠ることができるし、寝具も食器もほとんどついているので荷物をたくさん持って行かなくていいのでとても楽です!

南光自然観察村は今まで何度か訪問しましたが、いつもきれいで掃除が行き届いているし、スタッフの方たちがいい人ばかり!こちらもほっこりした気分にさせてもらえます。

本当はシャワールームがないコテージBに泊まりたかったのですが(6000円)あいにく空きがなく連棟コテージになりました。しかし連棟コテージでも十分満足ですし、食器類もほとんど備え付けの物を使ったので家に帰ってからの片づけも楽でした!ゴミも捨てて帰れるし、お風呂も入れる。何度でも通いたくなる南光自然観察村です!!

唯一不満を言えば、チェックインが16時なところ。休憩2500円を払ってアーリーインにするのもいいかもしれませんね!

そうそう今回こんな物をくれました!

ペットボトルとお箸

カメムシ対策グッズ

カメムシが発生しているのでカメムシ撃退グッズ!!

ペットボトルに水と洗剤を入れ、手袋・お箸でカメムシをつまんでポイ!

これでやっつけることができます!

お気遣いありがとうございます!!

他のコテージ詳細

◆入場料 小学生以上500円 小学生未満200円

◆キャビン棟 定員29人 1泊35000円

団体の宿泊に。床暖房付き。

◆コテージA 定員6名 1泊16000円

設備、備品的には連棟コテージと変わらないけど、2家族でも行けそう。

◆コテージB 定員4人 1泊6000円

シャワーなし、食器類なし、床暖房付き

◆単棟コテージ 定員7人 1泊16000円

薪ストーブ付き 薪一束付き

詳しくはホームページをご覧ください

電源付きオートサイトは3000円(電源使用時は500円アップ)ですので、かなりリーズナブルですね。

また行きたいと思います!

太陽公園とお誕生日コテージキャンプの様子はこちら

コテージ泊クセになります

人気ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする