【奈良 天川村】白の平オートキャンプ場 過ごし方③

こんにちは、雨子です。自転車で片道30分…汗が止まりません。熱中症にご注意を!

さて白の平オートキャンプ場、長くなってしまっています。すいません。

だっていろいろ楽しかったんだもーん。

では、いってみよう!

【奈良天川村】白の平オートキャンプ場 
奈良 天川村 洞川温泉 白の平オートキャンプ場に行ってきました。とても居心地のいいキャンプ場でした~
【奈良 天川村】白の平オートキャンプ場 過ごし方①
キャンプ場に着いて設営してから近くにある五代松鍾乳洞に行きました。探検気分に男子は喜んでましたが、モノレールが恐怖です…
【奈良 天川村】白の平オートキャンプ場 過ごし方②
温泉街散策して日本酒ゲット~サービスでいただいた名水豆腐も美味でした!
スポンサーリンク
広告




・白の平オートキャンプ場の過ごし方

バーベキューを終え、片づけも終わったころだんだん暗くなってきました。

天川村キャンプの楽しみの一つにホタル観賞があります。

受付をした際に、管理人のおっちゃん(オーナーさんと呼ぶべきだったか…)から、夜8時頃ホタルを見に行くなら案内するからね~と言われていたのですが、すでにビールを飲んでいるだろうから、徒歩で行けるホタルスポットを教えてもらいました。

実はキャンプ場の横の川でホタルが見られると思っていたのですが、横の川では見ることができません。

キャンプ場から歩いて10分かからないぐらいのところに八大龍王堂というところがあります。ここの池のほとりで見ることができるようです。

八大龍王堂は龍泉寺の境内にあり、

役の行者が大峯山を開き、つづいて龍泉寺を草創(そうそう)したとき、大峯山一山の総鎭守の守護として祀った竜神です。嵯峨天皇の弘仁三年、弘法大師が高野山を開創する以前に竜泉寺に止住されて、この宝前にて「雨乞の修法」をなされてから名高く、古来、大峯山修験者の道中安全、家業繁栄の守護神とされ、現在では交通安全、海上安全の守り神、諸病平癒家業繁栄の神としてお参りされる方が多くおられます。
とのことです。大峰山洞川温泉観光協会のホームページより抜粋させていただきました。
ランタン片手に歩いて行くと、どんどん人が多くなってきました。かわいい浴衣を着た方もいらっしゃったので、温泉街に宿泊されているお客さんも見に来ているようです。
池の周りはあえて照明を消してあるのでしょうか、ランタンを消したら結構暗かったです。そのおかげで、見えましたホタル。乱舞するというほどたくさんではありませんが、こっちに1匹、あっちに1匹と見え隠れするのが、探し物が見つかったかのようで楽しかったです。人も多かったので少し離れた場所に移動したときにも1匹見つけました。まるで自分だけが知っているホタルのようです。子供たちも初めてホタルを見ることができました。あんまり感情を表に出さない子たちなので、後で聞いてみるときれいだった~とうれしそうでした。宿題の日記にもちゃんとホタルのことが書いてありました。よかったよかった
テントに戻り寝る準備をして就寝、子供たちはたくさん遊んだのであっという間に寝てしましました。私たちはお昼に買った日本酒たる樽で乾杯。すっきりした甘さと杉の香りが清涼感を与えてくれるおいしい日本酒でした。あまり日本酒はたくさん飲まないようにしている雨子もうっかり飲み過ぎてしまいました~
昼間は曇っていた空も星がたくさん見えるようになっていました。水も空気もきれいなのが天川村のいいところですね!

■2日目

夜は寒くもなく暑くもなくぐっすり眠れました。朝日が上がってもそれほど暑くならなかったので、テントの中で7時ぐらいまでのんびりしてました。

朝は昨日のバーベキューの残りを食べて撤収~~チェックアウトは11時です。

オーナーさんにご挨拶をして温泉へ向かいます。

○洞川温泉センター

参照:洞川温泉観光協会

住所:奈良県吉野郡天川村洞川232

利用時間:11:00~20:00

定休日:毎週水曜日

料金:大人600円 小人200円

内湯と露天風呂が一つずつありました。お湯の温度もちょうどよく、きれいなお湯でとっても気持ちよかったです。まだ新しいのかな?施設もきれいでした。

温泉センターは村営駐車場の奥にあります。洞川温泉街には村営駐車場以外の駐車場がほとんどありません。温泉を利用する人も、温泉街を散策する人もみんな村営駐車場に停めることになります。観光シーズンにはすぐに駐車場がいっぱいになってしまうようなので、早めに利用されることをおすすめします!
お風呂でさっぱりして帰路につきます。
前に大混雑で行けなかった 道の駅かつらぎに寄りました。
子供たちはソフトクリームモードです。最近はキャンプ→温泉→ソフトクリームが定番化しています。
道の駅かつらぎで食べたのはこちら

桑の葉ソフトクリーム

桑の葉味がほぼ写ってない…

奈良県の葛城山麓では、かつて、桑畑が広がり、養蚕業が盛んでした。
「葛城山麓の桑をブランド化し、農業を活性化したい」
地域の人々の熱い思いを地元自治体の葛城市が応援し、「葛城市地域ブランド創出促進モデル事業」の一環として、桑粉末が生まれたそうです。その桑粉末を利用して作られたのがこの桑の葉ソフトクリーム。抹茶よりも苦味は感じるものの、ミルク味と混ざってすっきりした味になります。深い味がしておいしかったです!!

今回も大満足のキャンプ。

何もしないキャンプもいいけど、いろんな体験をしてみるのもいいですね。

洞川は空気良し、水良し、人も良しでした。ほんと楽しいキャンプありがとうございました!また行きたい場所に決定!!



スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする