伊勢で水族館に行くなら伊勢シーパラダイスが断然おすすめ!

こんにちは、雨子です。今日は久しぶりに友達と鍋パーリー。しゃべってしゃべってしゃべり倒すのだ!

今日は先日孫太郎オートキャンプの帰りによった水族館のお話です。

孫太郎オートキャンプ【三重】
海が目の前のキャンプ場。キャンプ場を詳しく紹介します!

スポンサーリンク
広告




伊勢の水族館

伊勢方面には水族館が3か所あります。

◆鳥羽水族館

◆伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス

◆志摩マリンランド

鳥羽水族館

言わずもがな、三重、伊勢、鳥羽を代表する水族館(雨子調べ)

飼育種類数日本一を掲げ、感動を与え続ける水族館として成長しています。

ジュゴンを飼育している珍しい水族館。

通路全長約1.5㎞室内型としては国内でも大型の水族館だそうです。

遠足や修学旅行で訪れる人も多い。

◆料金:大人2500円 小人1250円 幼児630円

◆営業時間:9:00~17:00(17:30の時もあり)

◆休館日:なし

ホームページはこちら

志摩マリンランド

鳥羽水族館、伊勢シーパラダイスより南、賢島に位置する志摩マリンランド。

マンボウが一番の人気者。

海女の餌付けというイベントは海女さん姿のダイバーがブリ・サメなど2500匹の魚が回遊する水槽でエサをあげます。

近鉄が経営する水族館なので、志摩スペイン村や賢島エスパーニャクルーズなどとのセット券がお得。

◆料金:大人1400円 中学生900円 小学生600円 幼児300円

◆営業時間:9:00~17:00(季節により異なる)

◆休館日:なし

ホームページはこちら

伊勢夫婦岩ふれあい水族館 伊勢シーパラダイス(旧:二見シーパラダイス)

◆料金:大人1800円 小人900円 幼児500円

WEBチケットで前日までに購入すると1割引き、JAF会員証の提示で5%引き

◆営業時間:9:00~17:00(季節により変動あり)

◆休館日:なし

ホームページはこちら

私が伊勢シーパラダイスをおすすめする理由

それは…

楽しいからっっっ

大切だからもう一度言う「楽しい!!」

どんな風に楽しいかというと、

・なんせ距離感ゼロ

いろんな生き物に触れる。あんな動物にも、こんな動物にも。なんなら水族館じゃないYO!という動物にも!

・イベント多し

続けざまあちこちでイベントやってます。イベントのお知らせがなくてもやってます。見てるの私らだけやん、なんとラッキー!なんてこともあります。

・飼育員さんおもしろい

魚の説明書きは手書き。飼育している人だからわかるへぇなお話から、つっこみどころまんさいなものまで。

ショーでの進行もおもしろい。みんなノリノリで面白いことやってくれる。

・ショーの内容がおもしろい

あまり書くとネタバレになっちゃうけど、お客さん大うけ!なショーもあります!

・自虐的

私個人的に好きなんですけど、自虐的なんです。

鳥羽水族館には勝てないことはもうわかってるYO!わかった上でやってるんです。

・動物たちが自分の役割わかってる

やらされてる感がないんです。自発的にやってる?

・空いている

私たちが伊勢シーパラダイスでどんな風に楽しんだかを詳しく紹介!

まず入り口でマップとショーのスケジュールがもらえます。

着いたのがお昼過ぎだったので夫婦トドタイムは終了してました。残念…

(トドが間近に見れて触れるとか…トドをやで!!

入っていきなりペンギンのお散歩に遭遇!

ペンギン

伊勢シーパラダイス ペンギンのお散歩

後ろを付いて行きたかったけど、入館したばかりなので早く他のも見たくてそのまま奥へと進みます。

展示してある魚の数は正直言って他の水族館に劣ります。

でも伊勢シーパラダイスの魚の説明は飼育員さんの手書き。

飼育員さんの愛があふれています。愛があふれてしまっている故にめっちゃ細かくて長いものも…薄暗い水槽の前で老眼の二人は若干途方にくれたりして…

他にはこんな水槽も

うつぼ

ウツボの前で獲ったどー!!

無人島で0円生活のよゐこ濵口ばりにウツボをついたモリを持って。

実際に濵口さんも来たみたいで写真が飾られていました。

ノコギリエイは国内最長寿!

飼育日数は毎日カウントされています。もちろん手書きのPOPでね!

息子2

ぼく、ノコギリエイが一番かっこよかったよ。のこぎりにもさわれたしね~

もちろん生きているノコギリエイののこぎりには触れませんが、水槽の前にノコギリエイののこぎり(本物?)が置いてありました。

水族館だけどモルモットもいるYO!

モルモットエサやり体験もできます。

もちろん触ることもできて次男と一緒にモフモフしてきました。

水族館だけどネズミもいるYO!(シーパラダイスだからネズミがいたっていいじゃないとの自虐あり)

何というネズミだったか忘れちゃいましたが、紙や木をボロボロにするのが得意なネズミだそうで、前に紙とペンが…紙に自分のイライラを書いてケージの上部の窓から入れるとネズミさんがボロボロにしてくれる「お悩みシュレッダー」というものが。えぇ私も「うるさい」と書いて入れましたわ。この時のネズミさんたちはお休み中だったので目の前でシュレッダーしてくれることはなかったんですが、今頃ボロボロにしてくれてるはず。

海底ごろりんホール

海底ごろりんホール

海底ごろりんホール

<画像はホームページよりお借りしました>

大きな回遊水槽を前に靴を脱いで座ったり横になったり、のんびりできる空間です。

実際はもっと暗め。水槽の音と光のゆらゆらで眠ってしまうこと間違いなし。

タコの足型クッションもありました。

そうこうしていたらセイウチのショーの始まりです。

空いていると思って居た館内ですがたくさんの人が集まってきました。

2頭の巨大なセイウチが登場!

セイウチ

伊勢シーパラダイス セイウチ

なんとこのセイウチ、触ってもいいんです!牙でもひげでもどこでもどうぞ!って。怖すぎですよね。それでも次男と触ってきましたよ。触った感じはざらっとした牛肉のかたまりみたいな。

息子2

ぼくも触れた~

あまりの迫力にちびっこは号泣してました。

そしてショーではセイウチさんが厄払いをしてくれます。これが爆笑!爆笑!!

詳しく知りたい方はぜひ伊勢シーパラダイスへ!!

セイウチ

セイウチ投げキッス

セイウチとの写真撮影もありましたが、うちの子は「いい」とさすがに真横は怖かったんですかねぇ

次はカワウソとの握手

カワウソハウスからおててを出してくれます。

カワウソ

カワウソ握手会

や、柔らかい…爪とかなくてプニプニしてる。ずっとにぎにぎしてたかった。

伊勢シーパラダイスのカワウソ、きらりとひかりは第二回カワウソゥ選挙で一位になったカワウソたんです。(→カワウソゥ選挙とは?)とっても愛嬌があって活発でかわいい。カワウソ飼いたくなった…

さらにイベントは続きます。

アザラシタッチです。

アザラシ

アザラシタッチ

アザラシ触れて記念写真撮ってくれます!

アザラシは毛って感じでした~(語彙力!!)

次のアシカショーまでは時間があったので、外のお土産屋さんをぶらぶらしてたら、トドのエサやり始まるみたいやで~ってことでトドプールへ。少し前までトドプールは無料で見れたのですが今は入館券がないと見れません(すぐ横の歩道橋からは見えるけど)

トド

トドのエサやり

夫婦と赤ちゃんトドがいます。すんごい勢いで食べていきます。

トド

最後はダイブ!

岩の上からドッボーーーーン

びしょぬれになりたい方はぜひ前の方へ

アシカショーは時間を間違えていたので気づいた時にはもう人いっぱいで見ることができませんでした(つд⊂)エーン

がっかりしてイルカプールに行くと誰もいない。

イルカさんを呼ぶとボールを持ってよってきます。

なんとここのイルカさんはキャッチボールをしてくれるのです!!

そして最後は一人で壁あて~

(本当は6回キャッチボールしてくれたんですが、動画のサイズ的に少しだけ)

イルカとキャッチボールなんてしたことないですよね!

本当に貴重な経験でした!

この子たちは呼べば(気が向いたら)来てくれます。誰もいないときも一人で壁あてやってます。壁の向こうも通路になっているので、イルカが投げたボールを間近で見れるっていうね…なんとも説明しがたい空間です…

そんなに広くない水族館なんですが、あれやこれやといろんなイベントやショーで楽しませてくれます。

2019年4月にふれあい魚館という施設もできました。

こちらは飼育員さんがすぐ横で詳しく説明してくれながら魚と触れ合うことができます。魚との距離もゼロだけど、飼育員さんとの距離もゼロです(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

楽しい!!が伝わったでしょうか?

たった2時間でこれだけのふれあいができるんですよ。ほんとにほんとに楽しい水族館です。

お隣には縁結びのシンボル夫婦岩伊勢夫婦岩めおと横丁で買い物や食事もできます。

おすすめはカワウソくん焼きですよ~赤福じゃないんかい!

カワウソくん焼き

カワウソくん焼き

あなたはどこから食べる?耳?ほっぺ?それとも鼻?

楽しかった!また行きたい!

人気ブログランキング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イルカ ベスト [ イルカ ]
価格:1771円(税込、送料無料) (2019/4/15時点)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする