キャンプを始めたいあなたに!テント編

こんにちは、雨子です。用事から帰ってきたら雨がやみました。雨女(雨男)あるあるですね!

今日はキャンプを始めたいけど、道具は何がいいのかわかんない!という方に少ない経験からしぼりだしてみます…つっこみはなしよ☆

以前書いたキャンプを始めたいけど~どうしていいかわからないって方に向けた記事はこちら~

キャンプを始めたいあなたに!
キャンプっていいよ!楽しいよ!気軽にキャンプ始めてみませんか?

まずはキャンプするには何が必要なのか?ピックアップしてみましょう

必ずいるもの

  • テント
  • マット
  • 寝袋(シュラフ)
  • ランタン
  • コンロ
  • クーラーボックス
  • 調理道具

あると便利なもの

  • タープ…テントの種類によってはいらない場合も
  • チェア・テーブル…レジャーシートやマットの上に座る方には不要です
  • 食器類…紙皿などの使い捨てでも大丈夫ですが、何回も行くなら用意しておくといいでしょう

その他軍手やひばさみなどのこまごましたものは置いといて、必要なものを一つずつ確認していきましょう。

・テント

一番テンションの上がるものではないでしょうか?キャンプのメインですからね~何にしようかと悩んでいる時間が一番楽しいかも~車選びに通ずるものがありますね

ではどんなテントがあるんでしょうか?

大きく分けて

  • ドーム型テント
  • ツールームテント
  • ロッジ型テント
  • ワンポールテント

他にワンタッチテントや山岳用テントなどもあります。

ドーム型テントは

出典:コールマン/タフドーム

一番初心者向けではないでしょうか?サイズもメーカーも豊富だし、お値段もお手頃なものが多いです。

設営方法も簡単で、背骨のフレームを入れて持ち上げてスプリングピンに差し込めば大まかな形になります。背骨のフレームを持ち上げるとき、かなりしなるので、だ、大丈夫かなと不安になりますが、慣れてしまえばへっちゃらです!

たまにテント用の木枠が設置されてあるサイトもありますが、ドーム型ならはみ出すことはありません。

ツールームテントは

出典:snowpeak/LandLock

寝室とリビングが一体化になっているテントです。

雨の時はテントからタープ(リビング)に出入りする時に、濡れることがないので便利です。冬のキャンプではリビングを閉めてしまえば、寝室からリビングまで温かさを保つことができますね。

一体型ゆえに大きいので設営は慣れが必要になるでしょう。でもわかりやすくするために色で分けてくれているテントもあります。

サイトのバリエーションに変化させることができません。いつも同じな感じになります。

ロッジ型テントは

出典:ogawa/ミネルバN-01

お家型のテントです。

骨組みが多いのと、重量が重いために設営が難しいかも…途中でポールが折れてしまった…というかたも。

そしてお値段!!高いです。このタイプのテントを出しているところは、性能が抜群にいいためお高いか、海外からの輸入品のためお高い場合が多いですね。

ですが憧れます~いつかはこの形のテントでキャンプがしたい!!

ワンポールテントは

出典:tentipi/onyx9cp

周りをペグダウンしていき、真ん中にポールを立てます。

パーツが少ないので設営が短時間でできます。

大きさ、素材など多種出ているのでキャンプスタイルに合ったものを選ぶといいでしょう。

ワンタッチテントは設営が簡単!出してポンって開くタイプと、傘のように開くものがあります。さすがにファミリーサイズのワンタッチテントはないようです。少人数におすすめ。

山岳用テントは山登りする方が持つテントなので、超軽量・超コンパクトです。こちらも大きいサイズはないので少人数におすすめです。

テントはキャンプの基本なので、じっくり悩んでくださいね。悩み過ぎてシーズン終わってしまわないようにね(笑)

サイズや形など、ネットで見ているだけではわからないと思うので、展示してあるお店を探して実際に見てみるのもいいかもしれません。

近くにお店がない方はキャンプ場でいろんな方のテントを見てみるのも楽しいですよ。つっちーはいつも他の人のテントを見ています。勉強、勉強って当分買いませんよ!



スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告