バンガロー泊に持って行くと便利なものおすすめ5選

こんにちは、雨子です。インフルが落ち着いてきたと思いきや、小学校が学年閉鎖になりました。(他の学年だけど)まだまだ気を付けないといけませんね!皆さんもご注意ください。

今日は先日バンガロー泊をしたときに持って行って便利だったものを紹介します。

ちょっとしたものだけど、あったら便利なものです。

スポンサーリンク
広告




バンガロー泊に持って行くと便利なものおすすめ5選

①スリッパ

バンガローの床は主に板張りなので足が冷たいです。

スリッパがあると冷えずにすみます。

お子さん連れならどうしても出たり入ったりするときに砂が室内に入り込む場合もあるのでスリッパがあると足がザラザラせずにすみますよ。

今回のバンガローはキッチンもあったので、調理したり洗い物をするときに長時間立っていたからスリッパを持って行っといてかなり助かりました。

②ラグと保温シート

チェアを持って行かずにお座敷スタイルで過ごすなら、ラグはもちろんその下に敷く保温シートがある方が暖かくていいです。

床暖があるバンガローはめったにないので、直に座るとさすがに冷たい。

ラグ1枚でもいいかもしれませんが、保温シートがあるほうが床の冷たさをしのいでくれます。

我が家では家で以前使っていたラグをキャンプ用に使っています。テントの中に敷くこともあるし、今回のようなバンガローで使うこともあります。

どうしても砂や汚れがついてしまうので、ガンガン洗えるものがおすすめ。

③針金ハンガー

上着をかけておくのはもちろん、軽い荷物やかばんもぶら下げておくことができるので、部屋を有効活用することができます。

エアコン付きのバンガローだったのでかなり暖かくて室内では上着は必要ありませんでした。

子供もハッスルして暴れたりするので、床に置きっぱなしにしておくよりはハンガーにかけておく方が危なくありません。

エアコンをかけたまま寝る場合は濡らしたタオルをかけておくと乾燥防止にもなります。

④S字フック

バンガロー泊だけでなくキャンプの時にも重宝するS字フック。

ちょっと何かを引っ掛けたいときに便利です。ゴミ袋とかね

今回のバンガローには電気はもちろんあったのですが豆球ぐらいの明るさにすることができなかったので、いつもキャンプで使っているテント用のランタンを使いました。

置いておくこともできますが吊り下げた方が全体的に明るくなるのでS字フックで窓のさんに引っ掛けて使いました。

いつも使っているテント内用ランタンはこれ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) フルコンソフトランタン 74176003
価格:2916円(税込、送料別) (2019/2/19時点)

柔らかいので落ちてきてもけがをしにくい。

⑤マット

バンガロー泊なら布団を借りてもいいんですが、貸し出しを行っていないところや寝袋で寝たい、経費節減したい(うちはコレ)時は寝袋で寝ますよね。

テント泊と同じようにコットやマットを敷かないと床で直に寝ると体が痛くなります。

なのでマットは忘れずに!

我が家のマットはこちら

枕も忘れずに

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス LOGOS インフレートまくら インフレータブル 枕 72884220
価格:1620円(税込、送料別) (2019/2/19時点)

持って行って使わなかったもの

・デカ暖くん

寒かったら点けようと思っていたけど、エアコンだけで十分暖かったので使いませんでした。

・チェアとテーブル

外にもチェアとテーブルがあったし、室内にもあったので使用せず。

・ガスランタン

外は街灯があったので十分明るかったです。

あればよかったもの

加湿器!!

エアコンつけっぱなしで寝たら乾燥がすごかった!

タオルを濡らしてかけていたけど、あっという間にからっからに。

加湿器持ってくればよかったとマジで思いました。

以上バンガロー泊に持って行くと便利なもの、使わなかったもの、持って行けばよかったものでした。

今回、私たちが泊った青土ダムエコーバレイ、バンガローの詳細はこちら

コスパ最高!青土ダムエコーバレイを詳しく紹介します
滋賀県甲賀市にある青土ダムエコーバレイへ行ってきました。電源サイト3000円バンガロー6000円とかなりリーズナブルなキャンプ場を詳しく紹介していきます!
激安!青土ダムエコーバレイ バンガローを徹底紹介!!
1泊6000円のバンガロー。関西でも最安値じゃないですか?それなのに十分整った設備のバンガローでした!詳しく紹介していきます!

バンガローによって、設備や必要なものは変わってくるかと思いますので、あくまで参考にしていただければ…と思います。

バンガロー泊は楽しいな

人気ブログランキング

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする