夏のキャンプ 暑さ対策

こんにちは、雨子です。記録的な雨ですね。昨日は小学校も休校になりました。今日も雨予報です…みなさんお気をつけください!

梅雨が明けると夏本番ですね!

暑い暑い夏。キャンプにはいいのか?悪いのか?

私は暑いのが苦手なので少しでも快適に過ごしたいと思い、対策を考えてみました。

こんなのもあるよ~って方はぜひ教えてくださいね!

夏のキャンプ 暑さ対策

標高が高かったり、林間サイトだったり、川遊びができるキャンプ場を探して行こうと思ってます。

水に浸かって少しでも暑さを乗り切りたい!

昨年行った標高の高いキャンプ場はこちら

夏でも涼しいキャンプ場 奈良 和佐又山キャンプ場
標高1150m 星に手が届きそうなキャンプ場 和佐又山 基本情報
高原キャンプ場 和佐又山ってどんなとこ?
情報が少ないキャンプ場 個人的な感想ですが綴ってみました

スポンサーリンク
広告




問題は夜

夜は寝苦しいと地獄ですね…

今はロゴスのインフレートマットの上にシュラフを敷いて寝ています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス LOGOS キャンプ 超厚 セルフインフレートマット・SOLO 72884130
価格:8964円(税込、送料無料) (2018/7/6時点)

しかしこれからの季節はもう暑い。シュラフすら暑い…

せっかくインフレートマットがあるのでもうこれだけでいいんじゃないかと思ったのですが、問題は寝汗。インフレートマットに汗がつくとシミになってしまうんです。寝汗対策に敷きパット。涼しいタイプの敷きパットを敷いておくとさらに快適~

あとはバスタオルをお腹の上にかけとけばオッケーかな?

それでも暑そうだったら…

それでも寝苦しい夜があるかもしれません。

そうなったら対策は二つ

A.電源付きサイトで家庭用扇風機をまわす

家で使ってる扇風機を持って行って使おうかと思います。

この方法だったら特に買い足す必要はありません。

ただしデメリットが2点

①サイト料が高くなる可能性がある。

いつもはフリーサイトとか、電源なしサイトで格安のところばかりを探して行くことが多いですが、電源付きサイトになるは料金が高かったり、電源使用料(500~1000円)を払わないといけないことが多いですね。

②行きたいキャンプ場に行けない

標高が高いとか、林間サイトだとか、せっかく涼しそうなキャンプ場を見つけても電源サイトがなければ、この扇風機で涼を取る方法ができません。

B.充電式扇風機を購入する

コンパクトサイズでどこでも使える充電式扇風機。

夏だけじゃなく、冬キャンのサーキュレーターとしても使えます。

家庭用扇風機ほど場所をとらいないので車の積み込みにも影響しません。

内蔵電池、家庭用電源、USBと3電源に対応しています。

ただし、首ふり機能はないのでまんべんなく家族全員に風があたるかどうかは微妙…

内蔵電池を使用した場合、微風なら16時間もちますが、弱にした場合4時間半なので一晩もつわけじゃないところも気になる点ですね~

場所は取りますが首ふり機能がついているのがうれしいサーキュレーター。

連続使用時間は風量6で4時間となっています。もう少し弱くしたら1晩いけるかな~

サーキュレーターとしても活躍するなら充電式扇風機の方が使い勝手がいいかな?

自宅でも室内で洗濯物を干しているときにも使えそう。

暑い夏が来る前にポチっとしとこうと思います!

暑い夏イヤ~

人気ブログランキング

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はじめまして(^^)いつもブログ楽しく拝見しています♪

    私も暑いの苦手なんですよ~~。
    充電式扇風機なんてあるんですね!これはよさそう!

    暑いの本当に勘弁だけど、やっぱり夏のキャンプ楽しいからやめられないですよね。記事参考にさせて頂きます!

    • つっちー より:

      かまぼこ母さん、コメントありがとうございます。そしてお返事遅くなってすいませんm(__)m
      マキタの扇風機は外作業用なのでパワーも充電量もたくさんありそうですよね!
      我が家もぜひとも購入を…と検討していたのにパソコンがお逝きになってしまい…orz
      今年の夏キャンプは忍耐キャンプとなりそうです!
      今後ともよろしくお願いします~