伸子イカ

こんにちは雨子です。

伸子イカってご存知ですか?「のぶこいか」じゃなくて「しんこいか」

何かというと、スルメイカの赤ちゃん。ホタルイカじゃなくてスルメイカの赤ちゃんなのです。

春先(4~5月の上旬)に獲れて、その後北上していき、北海道近海でみなさんがご存知のスルメイカの大きさになるそうです。

この伸子イカどうやって食べるかというと、煮て干して売られているものもありますが、生の伸子イカならさっとボイルして、マヨネーズ・醤油・一味を合わせたもので食べるのがおすすめです!

わたも軟骨もくちばしも取らずにゆでます。スミが出てきちゃうこともあるし、色も綺麗なピンクとはいかないので、見た目はホタルイカに劣りますが、味は絶品。

イカの内臓やスミの旨味がぎゅっとつまっていて濃厚。身も軟らかいんだけど、程よく弾力もあって次から次へと手がでちゃいます。

お酒のおつまみだけではなくご飯のお供にも最高!!

軟骨が口に残ることもありますが、出しながら食べてます。

パスタやサラダに入れてもおいしいそうですが、我が家ではボイルのみです。

でも伸子イカはその辺のスーパーでは売ってないんですよね~

舞鶴や小浜の海産物を扱っているお店に、前日獲れた分しか置いてないみたいです。

私の両親が伸子イカが大好きで、いつも若狭小浜お魚センターというところに買いに行っています。2時間ぐらいかけてね

だんだん成長していくので、大きくなってくると軟骨が口にあたって気になるのと、味も大ぶりになってしまうのでホタルイカサイズの伸子イカが一番おすすめです!

前日の天候やその年の漁獲量であったりなかったりと、いつも食べられるものじゃないんですが、この伸子イカと若竹煮(わかめと筍の煮物)を食べると春が来たなぁと実感します。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告