キャンプ 雨対策を考えてみた!

こんにちは、雨子です。ゴールデンウィークの疲れが取れません。歳だな~

今回のゴールデンウィークキャンプ、雨予報からまさかの天気回復で濡れることなくキャンプができたのですが、

ゴールデンウィークは予約不要の【奈良 つり橋の里キャンプ場】でストレスフリー
天気やキャンセル料に左右されずに計画を立てられるのがつり橋の里キャンプ場のいいところ!

1週間前まで雨予報だったので、行くかどうか悩んでました(-“-;) ??

しか~し雨だからとキャンプをあきらめていたら、雨女の私ならほとんど行けなくなっちまうじゃねぇか!!と言うことで、雨でも出撃することを決意!

けれど、グロッケ12はT/C素材、決して雨に強いテントではありません。

乾燥撤収できなかった時に、あの巨大なテントを乾かす場所も力もありません…

じゃあどうやって雨キャンプに行くか?

①コテージやバンガローに行く

②雨装備を考える

①コテージやバンガローも確かにいいのですが、なんせお金がかかる…

1回2回ならまだしも、

あ・め・お・ん・な!!!の私の力をみくびってはいけませんよ~

という訳で雨装備を考えましょー

雨装備①テント

我が家が所有しているテントは3つ

  • グロッケ12
  • ユニフレームREVO4ルームプラス
  • コールマンのドームテント

雨の時に大活躍しそうなのは、ユニフレのREVO。

だが、あれはせまい…ぎゅうぎゅう詰めで寝ないといけない…寝返りもうてないぐらいのぎゅうぎゅう。雨の時には不快指数がMAXだわっ

却下

残るはコールマンのドームテント。

ファミリーキャンプデビューした時のthat’s初心者テント。

設営は簡単だし、適度な大きさ。

もし濡れちゃっても何とか乾かせそう。

もしカビても痛くない。

雨装備②タープ

テントをドームにするなら大きなタープを張ってその下にドーム入れちゃえばさらに快適に過ごせそう。

大きなサイズのタープは、グロッケと一緒に買ったT/Cタープのみ。

これも雨にはちょっと不向きなので、買ってしまったのがこちら↓↓↓

FIELDOORのタープ

530×570の大型ヘキサタープ

お値段なんと1万円以下!!

カラーは5種類から選べます。(カモフラにすると500円アップ!)

無難なライトグレーを選びましたが、シルバーコーティングというものが施されていて太陽光をきっちりさえぎってくれるのでとても涼しい~

雨用に買ったけど、夏のキャンプにも重宝しそうです(オガワのタープの出番が…)

耐水圧も2000mmあるので、もちろん雨にも強いです!

濡れてしまってもなんとか乾かせそう。

今週末、撤収時に雨予報が出ているので大きなゴミ袋を買いに行って来よう…

濡れたらゴミ袋に放り込んで帰ります!

以上キャンプ雨対策考えてみた!でした。

雨が降らないことを祈ってください

人気ブログランキング

[1年保証]タープ テント タープテント ヘキサタープ Lサイズ 530 x 570cm 6 – 8人用 メインポール2本付き ヘキサゴンタープ 日よけ UVカット 高耐水加工 簡易テント アウトドア キャンプ用品 FIELDOOR[送料無料][あす楽]

価格:9,720円
(2018/5/10 09:13時点)


スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告