高原キャンプ場 和佐又山ってどんなとこ?

こんにちは、雨子です。お友達家族と子供とプールに行ってきました。完全な晴れ予報なのに雨降りましたよ…知らないおばちゃんにも雨が降るなんてねぇ…と言われました。あ、一緒に行ったお友達ママさんも私に負けず劣らず、いや私の上を行く雨女でしたわ!!

さて今日は和佐又山キャンプ場について個人的な感想を書きます。

圧倒的情報の少ないキャンプ場なのでお役にたてるといいのですが…

あくまで個人の感想ですからね。

スポンサーリンク
広告




和佐又山キャンプ場(和佐又山ヒュッテ)

夏でも涼しいキャンプ場 奈良 和佐又山キャンプ場
標高1150m 星に手が届きそうなキャンプ場 和佐又山 基本情報

①立地

・大阪から約2時間。渋滞がほとんどないのがありがたい(選ぶルートによっては渋滞しますが…)。つっちー家から兵庫方面へ行くには宝塚トンネルという絶対に渋滞するポイントがあります。しかもお盆、ゴールデンウィーク、三連休なんかは冗談じゃないぐらいの渋滞。そういう煩わしさはありません。

・169号線から山へ登って行く道はちょっとしんどいかも。かなりの急こう配、1車線、対向車が来てもよけられる場所が少ない…運転に長けている人にはなんてことないんでしょうけど。

・近くにスーパー、コンビニはありません。40~50分かけて吉野の町へ出るしかないです。道の駅が20~30分のところにありますが、お土産等だけで食材は期待できません。今回2泊3日滞在したのですが、夏ということもあり氷を買いに行きました。

・川遊び、鍾乳洞、温泉など遊びの宝庫。キャンプスタイルにもよりますが、ファミリーでキャンプされる場合は何らかのアクティビティがあった方が楽しいですね。我が家の子供たちは最近、鍾乳洞に行くのが楽しいらしく(洞くつ探検だと思っている)今回も「不洞窟鍾乳洞」へ行きました(詳しくは後日)。川遊びについても後日詳しく紹介します。

川遊び

②キャンプ場

・いわゆる高規格ではありません。しかし、しっかりした管理人の方・清潔に保たれたトイレ・炊事場があれば完璧ではないでしょうか?

・サイトは多少の傾斜を含みます。山だから仕方がない、冬はスキー場だしね。

・トイレが遠い。オートサイトからは特に遠いかもしれません坂を下ったり上ったりちょっと大変かも。車でトイレに来ている人もいました。

・虫。さすが大自然!トンボ、バッタ、蜘蛛、ハチ、アブ…いっぱいいました~自然の中にお邪魔してるので仕方がないですね。

満天の星空☆びっくりするぐらいの星が肉眼で見えます。もしかしたら天の川も見えていたのかも?知識がないのでわかりませんが…(・・。)ゞ 一眼レフ欲しいわぁと思いましたね~スマホでは写りませんから。

・涼しい。さすが標高1150m、都会の猛暑も関係ありません。昼間、太陽が出ているとさすがに暑いのですが、大阪の暑さに比べると全然マシです。夜は寒いぐらい。羽織るものを必ず持って行きましょう。ゴールデンウィークあたりだと、ストーブがいるかも?

長男撮影

斜面からフリーサイト・ヒュッテを見下ろす。

・基本、山登りの方が多いです。和佐又山、大普賢岳などの登山ルートの拠点となるヒュッテです。一人、もしくは二人で山登りからの宿泊をされる方が多いので、夕方から来られてテントを張る方も多くいらっしゃいます。その分、朝活動しだすのも早いようで5時ごろから、登山に行かれる方もいらっしゃいます。ちょっとキャンパーとは過ごし方が違いますね。お互い迷惑にならないような配慮が必要です。

③人

・上でも述べたように登山をする方とキャンパーは同じではないと思います。まず荷物の量が違います。登山のかたはなるべくコンパクトに無駄のない装備です(キャンパーに無駄があるわけではありませんよ)。食事も簡易の物を摂っておられたり、ヒュッテで食べていたり…こちらは肉をジュージュー焼いていたのでちょっと申し訳ないな…と思ったり(思う必要はないのですが)。ごみもなるべく出さずにすごされているようにも見えました。基本持ち帰りされてるようです(ヒュッテの方がごみを処分されるのも大変みたいです)。

・登山の方と少しお話をする機会があったのでいろいろ聞かせていただきました。山の魅力教えてもらいました。ちょっと登山もしてみたくなりましたね。キャンパーだけではない場所も刺激になっていいと思いますよ!

④総合的に

・非日常を満喫するにはとてもいい場所だと思います。満天の星空、大自然、便利すぎないところ…キャンプの基本だと思います。ちょっといつもと違ったキャンプ、体験されてみてはいかがでしょうか~でも人気が出て混むのは嫌だなぁ

以上あくまでも個人的な意見です。つっこみはナシでお願いします!

最後までお読みいただきありがとうございました。




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする