つり橋の里キャンプ場①

こんにちは、雨子です。

ゴールデンウィークも終わりですね。つっちー家は約10年ぶりにつり橋の里キャンプ場へ行ってきました。

特に予定も立ててなかったのですが、天気もよさそうだったので5月3~5日まで2泊3日のキャンプに行こう!と直前に思いたったのです。

どこにも予約していないので、予約不要で家からさほど遠くなく、渋滞に巻き込まれないところといえば………

つり橋の里キャンプ場でしょう!!!

とは言ってもゴールデンウィーク、のんびりしてられないので朝4時起きの5時出発7時到着予定ででかけました~

7:15に到着したのですが、すでに受付をしている方が…みんな早いなぁ

到着後の様子

サイトをぐるっと一回りして河原サイトの真ん中あたりに陣取り、コンビニで買った朝ごはんをパクついていると、どんどんどんどん車がやってきてあっという間にいっぱいに。

さて今回のキャンプ、メインは新幕の初張りです!!

我が家の新幕は

ユニフレームREVOルーム4プラス

悩んで悩んで悩みぬいて買ったかわいい子

初張りにドキドキです。

しかし我が家のタープはREVOタープではありません。

今回はフリーオートサイトということで持ってきたタープは、スノーピークのレクタ(約20年前の)。

REVOルームはタープのポールにテントをひっかけて設営するタイプなのでレクタでうまく設営できるかどうか…なんせ初張りなもんで

こんな感じかなーとか言いつつ張ってみたものの、んーなんだかしっくりこない。説明書を見直しながらあーだこーだとしていたら、どうもテントの角度がおかしいことに気づきました。

レクタのサイドはまっすぐに伸びているけどREVOはひし形、そのひし形に食い込むように立てるのが正しい立て方です。なのに私たちはレクタのサイドに並行して立ててしまっていたのでうまくいかなかったようです。

レクタの下にREVOルームの先端を入れて、前室もタープの下に入れるように立てます。角度で言うとブルゾンちえみの35億の角度。何言ってんだか

その結果、レクタの下に貼り縄がバンバン入ってきて広いはずのリビングが狭くなっちゃったー

レクタとREVOルーム

やっぱりREVOルームにはREVOタープなのかなー

そして中は…

狭いっ

200×225なので4人で縦に並んで寝られるかと思いきや、背が高いつっちーは無理でした。

そこでつっちー家フォーメンションA

シュラフ4枚でギチギチ

入口から見て奥から次男、雨子、つっちーが横向き

入口から見て右手に長男が縦向きに寝るというフォーメーションで寝ました。今は何とか寝られるけど、子供たちが大きくなったら誰か車中泊になるのは間違いなさそうです。

そしてネットでよく見かけていた結露問題。結露がすごいとあったのですが、

そのとーり

朝起きると結露びしゃびしゃ。長男も次男もシュラフとパジャマがびちゃびちゃ。

うーんこれはなんとかしないとなぁ。

2泊目は天井のベンチレーションを開けて就寝。1日目より結露は少なくなったように感じました。暖かくなったら足元のベンチレーションも開けて寝るといいかもしれませんねー

さてつり橋の里キャンプ場と言えばやはり谷瀬のつり橋。長さ297メートル高さ54メートル、スリル満点のつり橋。これは渡るしかないでしょう!!高所恐怖症のつっちー、びびりの長男、恐がりの次男…みんな行くのを拒否ってましたが、なんとか連れて行って渡りました!!

ゴールデンウィークで人も多いし風もきつかったから揺れる、揺れる

渡り切った後、無言のつっちー、恐くなかったしと強がる長男、異常にハイテンションの次男、みんなそれぞれがんばったんじゃないでしょうか???ちなみに雨子は平気です

つり橋の上から見たキャンプ場

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告